体温が下がると免疫力も下がる!?体を温める最適の方法とは?

寒い季節になると、インフルエンザや風邪、ノロウイルスなど、さまざまな感染症にかかる確率が高くなりますよね。

夏に比べ、寒い季節の方がインフルエンザや風邪は何倍もかかる確率は高くなりますが、これはどうしてなのでしょうか?

実は人の免疫力は、体温と大きく関係しているのです。

寒い季節になって体温が下がると、免疫力が落ちます。

「体温が1度下がると、免疫力は3割低下する」と言われるほど、体温の低下は危険なのです。

今回は、体温と免疫力の関係についてご紹介します。

 

体温と免疫力の関係

寒い季節になって気温が下がると、必然的に私たちの体温も下がります。

いくらエアコンやヒーターを使っていても、外に出たり、暖房の効いていない部屋に行けば、寒くて体は冷えますよね。

体温が下がると、私たちの体の中では何が起こるのでしょうか?

体温が下がると、血行が悪くなります。血液の中には免疫機能を持った「白血球」というものが存在し、私たちの体をパトロールして、ウイルスなどの異物が入ると即座に反応して攻撃を開始、病気にならないように体を守ってくれます。

これが「免疫」です。

ですが、血行が悪くなるとこの白血球が体の中をパトロールできなくなるので、体の中に入り込んだウイルスなどの異物を見つけることができません。

すると、私たちはそのウイルスのせいで病気にかかってしまうのです。

つまり、体温を上げて血行を良くし、白血球が体の中をパトロールできるようにしておけば、免疫力は上がり病気になりにくいのです。

 

お風呂に入って体を温めると、免疫力がアップする

体が冷えているとき、手っ取り早く体を温める方法は、お風呂に入ることです。

シャワーでも体は温まりますが、シャワーを浴びている部分だけが温まり、手先や足先、体の芯まで温めることはできません。

やはりお風呂の方がより体が温まるでしょう。

また、湯船に体を静めることで適度な圧力も加わって、より血行が良くなります。

ただし、体を温めたいからと言って、熱いお湯のお風呂に入るのはNGです。

体を熱くしすぎると、平熱に戻そうとする体の働きで、お風呂から上がったとたんに一気に体が冷えてしまいます。

39~40度のお湯に、30分くらい入ってゆっくり体を温めるようにすると、お風呂から上がっても湯冷めをしにくくなります。

ゆっくり体を温めると血行が良くなり、免疫力アップにつながるのです。

 

寒い季節に限らず、夏場の効きすぎるエアコンでも体温は下がります。

女性は特に冷えからの影響を受けやすいもの。

体を冷やすと体がむくんだり、生理痛がひどくなったりするのも、血行が悪くなっていることが原因と言われています。

忙しくてゆっくりお風呂に入るのも難しい人もいるとは思いますが、毎日とは言わなくても、せめて夏でも週に2、3度は湯船につかって体を温めるようにしましょう。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です