【人間関係】細かいことばかり気にする神経質な人の対処法

そんな細かなところまで気にするんだ、とびっくりしてしまうくらい神経質な人っていますよね。

もちろん、機械の部品など数ミリのズレも許されない仕事に就いている、というなら話は別です。

 

しかし、どうでもよさそうなことに細かくこだわるとなると、こちらも何をどうしていいのか分からないものです。

細かい部分までこだわる人は、一体なにがそうさせているのでしょうか?

 

さっそく、見ていきましょう。

 

神経質な人の共通点

まず第一に、「気にし過ぎている」ということです。

例えば、同じ額の貯金があったとして、1人はこれだけあればしばらくは暮らせる、と楽観的に感じました。

もう1人は、これだけだったらもし何か起こったときどうしたらいいんだ、と気にしてしまったとします。

同じ金額をもらっているにも関わらず、後者は未来のことを心配し過ぎているせいで神経質になっていますね。

「心配」というのはネガティブな感情です。

ネガティブな感情は、ストレスを溜めこみやすくなるため、精神的にもよくありません。

 

日常のあらゆる場面で神経質になってしまうポイントはたくさんありますね。

ただ、それが許容範囲なのかそうじゃないのか、という事なだけなんです。

神経質な人は、この許容範囲が狭いのです。

でもどれだけ神経質でも、自分の中だけの話にしていてくれたら、周りの人は「あの人ちょっと神経質だね」で終わります。

しかし、そうならないことの方が多いのが現実です。

 

神経質な人の悪い点

 

神経質な人の悪い点は、自分の求める完璧を他人にも無理やり強制させることです。

求められる側はうんざりするかもしれません。

また一番やっかいなのが、神経質でも特殊で、自分の決めたルールじゃないといけない、とそれを人に押し付けてしま人です。

意味の分からない自分だけのルールがあって、それが効率が悪かったとしても、そうしたがる人がいます。

こうなってくると、もう神経質どころの話では無くただの迷惑な人となってしまうのです。

 

神経質な方が良い仕事をする

 

神経質な人と一緒に作業をするとなると、何かと大変ですし、ストレスも溜まるかもしれません。

しかし、それとは別に良いことも当然あります。

 

それは、仕事にしろ部屋の掃除にしろ、なんでもきちっとできるところです。

神経質であるがゆえに、細やかなところまで念入りにしようとします。

何か作業を任せるとなると、細かい部分まで完璧な仕上がりで仕上げてくれるので、依頼した人からは高い評価が得られるでしょう。

 

対処方法

細かい部分まで指摘されて嫌な気分になることもあるでしょう。

しかし、指摘された部分を気を付けることで確実に良くなるなら、しっかり意見を聞いて、その人の意見を取り入れるべきです。

中には、どうでもいいことを気にして体力を消耗している場合もあるかもしれません。

そういった悪い部分は取り入れる必要はありませんが、相手を怒らせないよう、相手に合わせるだけしておきましょう。

 

何か言われても気にしないことが何よりも大切です。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です