【人間関係】一体どうして?人に嫌われる人の特徴と原因とは?

突然ですが、あなたの周りに嫌われている人はいませんか?

また、なんかあのひと苦手だな、関わりたくないなと思ってしまった経験はないでしょうか。

私たちは、沢山の人と日々関わって生きています。

そのため、どうしても会う人数が多いとそれだけ、合う合わないの数が多く出てきても不思議ではないですよね。

 

しかし中には、あなただけではなく、ある一定数以上嫌われている人がいます。

おそらく、その人は自分で嫌われる要因を作ってしまっているのに、それに気づいていないのです。

では、ある一定数の人に嫌われてしまう要因とはなんなのでしょうか?

 

さっそく見ていきましょう。

 

自分ばかりで、相手を考えない

すぐに頭に血が上る、他力本願、誰にでも悪口を言うなど言い出したらきりがありません。

しかしこれらをまとめて言ってしまうなら、それは人の気持ちを考えられていないことは間違いなさそうです。

 

誰だって悪気があってミスをするわけではありません。

それを頭ごなしに怒られたとしたら、ただその怒った人のことが嫌になってしまうだけではありませんか?

もし自分が怒られたなら、とその人が考えれていたなら、もっと違う言い方があるはずです。

このように嫌われる人の要因の多くは、これを言ってしまうと相手はこう思うだろうな、という気持ちが欠けていることが分かります。

 

そして相手の気持ちを考えない人は、相手がどんな気持ちになっているか考えもしないので、謝ることもありません。

結構こんなことする人に限って、自分がされた時はものすごく怒るので、面白いですよね。

 

感情が爆発しそうになったら、深呼吸をする

まずはなんでも言う前に、これを言ったら相手はどう思うかなと考えることが大切です。

それは、どれだけ言いたい言葉があったとしても、一度考えてから出すべきです。

といっても、実際にキレてしまいそうになると、そう冷静になれないのが人間です。

もし怒りの勢いで何か言ってしまいそうなときは、グッと堪えて、一度深呼吸することをお勧めします。

深呼吸をする数秒の間で、爆発寸前の沸点を下げることができます。

これによって、怒りの爆発は食い止めることができます。

 

誰だって一度はカッとなってしまうとはあるでしょう。

しかし、一度スイッチが入ってしまうと、知らないうち失言をしてしまい、相手からの信用も失うこともあります。

そして、後々の人間関係にもよくない影響を及ぼします。

怒り感情というストレスは人にぶつけず、他の方法で発散するよう心がけましょう。

 

至らぬ点があったら素直に謝る

嫌われる人はそもそも、人に謝ったりしません。

素直に「ごめん」と一言さえあれば相手の反応だって変わります。

もしあなたが人を傷つけるようなことを言ってしまったなら、その時は素直に謝りましょう。

 

逆に嫌いな人からひどいことを言われてしまったときは、人の気持ちなって考えられない可哀想な人と思って、その悩みを終わらせましょう。

これは、悩む必要のないことです。

そんな人の為に、あなたが苦しむ必要はありません。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です