【人間関係】良好な関係を維持するうえで、雑談はとても大切である

皆さんは人と他愛のない会話をよくしますか?

雑談は人間関係を円滑にする役割があります。

中にはそんなことをする時間は無駄だと思っている人もいるでしょう。

しかし、実際はこの他愛のない会話こそが人間関係を良くする秘訣だったりします。

人間関係で悩まないことを目標にするなら、まず雑談上手を目指しましょう。

 

雑談が大切な理由とは?

例えば、仕事場で雑談がなければどうなるでしょうか。

もし雑談がなければ、職場は命令と指示しかなくなる可能性があります。

人は、何気ない言葉で傷ついたりします。

たとえそれが、本当に言われた方に責任があって、的を得ていても、言い方次第で相手が傷ついてしまうことがあるのが人間です。

しかしそんな時に役に立つのが、雑談です。

 

もし雑談で普段から何気ないことでも会話をしていたら、何か言われたときでも、この人は普段こうだからこんな言い方になってしまったんだ、普段は良い人だから今日は調子が悪かったのかな、と考える事ができますよね。

しかし、もし雑談が無く、突然胸が痛くなるようなことを言われてしまうと、その言われたことばだけで判断してしまいますよね。

本当はその人はあなたのことを思って発言したことでも、伝わりきっていないという状態になるかもしれません。

もしあなたに苦手な人がいるなら、苦手な人とこそ雑談をするべきです。

雑談をすることで、今まで気づかなったその人の魅力に気付くことができるかもしれません。

 

雑談力を上げることで、世渡り上手になれる

世渡り上手な人の特徴として、雑談力が高いと言われています。

雑談力が高い人は、周りの空気を読むことが得意なので、相手が一番かけてほしい言葉や、今自分がすべきことが即座に判断できるのです。

相手が求めていることを、自分で感じ取って行動するひとは重宝されます。

確かに、人から認められるには実力が大切です。

 

しかし、実力があることと世渡り上手はまた訳が違います。

機械ならその人の人間性と実量は切り離して考えられるでしょう。

しかし、私たちは人間ですので、どうしても人を選ぶときに少しは感情が少しは入ってしまいます。

なので、普段から色んな人と雑談をする機会を増やしていきましょう。

【心理学-論理誤差】会社の人事担当者も、感情で人を評価することがある

 

話を聞くだけでも雑談になる

いくら雑談が大切だといっても、中には話すこと自体が苦手な人もいます。

そういう人は、無理に話す必要はありません。

逆に相手が話しやすい雰囲気を作って、話を聞いてあげることを心がけてみましょう。

ただ聞くといっても、反応もしっかりしてあげることで、相手ももっと話しやすくなります。

人は話を聞いてもらえることに喜びを感じるものです。

人の話を聞くだけでも、十分雑談に参加していることになるのです。

 

人間関係を維持するには雑談が必要である

今まで雑談を無駄でしか思ってこなかった方はこれを機に、会話に加わるのもアリかもしれませんね。

きっと雑談の内容はどうでもいいことばかりです。

有益な情報はほとんどないでしょう。

しかし、そのどうでもいい話が人間関係を維持する最適な方法なのです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です