【人間関係】相手中心の会話を心掛けると、相手から好かれるようになる

ついつい自分の知っている話や、何か言いたいことがあると喋ってしまいがちですよね。

意外に自分は喋っていないつもりでも、自分ばかり話ていたりするものです。

ただ、人間関係においてとても重要な事は、相手の話を聞く姿勢です。

もし誰かから好かれたいのであれば、まずは相手の話を聞いてあげましょう。

 

一方的な会話は相手にストレスを与える

自分がしたい話を遮られるとストレスを感じますよね。

相手と会話しているときに、自分ばかり喋っていると相手は大抵ストレスを感じます。

その主な理由として、本来人間は自分の話したい生き物だからです。

なので、相手はずっと喋りたい衝動を抑えられている状態と一緒なんですね。

 

やりたいことをさせてくれない、という状況は人間にとってかなりストレスです。

話の間ずっとストレスだった人と、次も話したいとはならないですよね。

相手が話せた!と感じる会話の割合は、自分と相手が3:7の割合で話せたときだといいます。

 

つい喋り過ぎてしまうという人は、ぜひ3:7意識して相手の話を中心に話してみてください。

 

話を聞くだけでも良い印象を与えられる

聞いてもらうという行為は相手に安心感を与えることができる手段です。

人は常に、他者からの共感を求めています。

ですので、自分に賛同してくれる人や、自分の話を親身になって聞いてくれる人には好意を持つようになります。

 

結果的に言うと、話さえ聞いていればいい印象を与えることができます。

しかし聞くというのは、意外に難しいことで、ただ聞いていればいいというものではありません。

しっかり相手を見て、目をあわせてうなずくことで、相手は聞いてもらってると感じることができます。

そして、会話から好意をもってもらうには、自分の話は最小限にし相手に話させることを意識させましょう。

喋りたい気持ちはあっても、ここはグッと我慢し、相手の話に集中しましょう。

 

相手の話にしっかり耳を傾ける

相手に好かれるためには、まず相手が話している内容をじっくり聞くことが一番です。

どういうことかというと、相手が話している間は、その会話の内容以外何も考えてはいけません。

話に終わりが見えなくても、ただ相手が話すことに耳を傾けるのです。

次、自分はそう話そうかと考えたり、この話は結局どうなるんだろうなどは考えてしまいがちですが、ただ話している人の話に集中することで、相手もしっかり聞いてもらっているという安心感を得ることが出来ます。

そして相手はあなたに話してよかったと思ってくれます。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です