【人間関係】ボディタッチは相手との心の距離を縮めることができる

男性の方は女性から何気なく触れられたのが嬉しかった、という経験ないでしょうか。

女性も、信頼している異性から触れられた時に嬉しいと感じた経験に心当たりはありませんか?

このように、触る行為は人間に良い印象を与えることが出来る手段の1つです。

しかし、何事もやり過ぎはよくありません。

やり方を間違ってしまうと悪い印象になってしまうときもあるので、そこは注意が必要です。

 

ボディタッチは恋愛に効果的

ボディタッチはされたほうが少しドキッとしますよね。

ボディタッチといえば、キャバ嬢を思い浮かべてしまいがちですが、皆さんはどうでしょうか?

彼女たちは本当に男性との距離を縮める方法を良く知っています。

 

たとえば、相手との距離を縮めるテクニックの一つとして、ボディタッチは有効な手段です。

これは男性女性どちらでも当てはまることで、人は触る回数が多くなるにつれて、その人に行為を抱きやすくなります。

そして触るという行為は、相手に安心感を与えることもできるのです。

 

ただ、1つ覚えておいてほしいのが、男性と女性で触られ方によって感じ方が違うところです。

 

◆男性の場合

男性は基本的に、触られることにそこまで抵抗はない人が多いようです。

そして、触られたことに親近感や喜びを感じる人が多いことが分かっています。

何か起こったら力でねじ伏せる筋肉があるので、リラックスしやすいのかもしれません。

 

◆女性の場合

女性の場合は少し複雑です。

女性の大半は初対面の人にいきなり触られたとき、安心感や嬉しさを感じるかというと、残念ながらそうではありません。

それどころか、逆に警戒心をもってしまいます。

なので、親しくなりたいからと思って、むやみやたらに男性から女性へのボディタッチは避けた方が良いでしょう。

確かに色んなところで、ボディタッチは有効というふうに書かれることが多いですが、女性に限っては親しくなってきてから、ボディタッチをする方をオススメします。

例としては、最初のころ男性から女性に触るときには、ハイタッチをする、何か渡すときに触れる、程度の自然なふれあいを重ねることから始めましょう。

その積み重ねで、女性は好意を持ちやすくなります。

 

タイミングと状況を見極める必要がある

ボディタッチはやり方さえ間違えなければ、距離を近づけるにはとても有効な手段です。

しかし、実践するとなると、ハードルが高いですよね。

特に男性はセクハラ呼ばわりされる可能性もあるので、手を出しずらい現実があります。

もし女性との距離がわからないようなら、触らないほうが無難でしょう。

意外にも男性は好意を持っていても、女性の方はそうでなかったりすることが多いのです。

距離感がまだつかめていないようなら、あえて触る必要はありません。

 

逆に女性も、男性にむやみやたらに触ってはいけません。

相手を勘違いさせてしまう可能性もありますし、自分のテリトリーには入られたくない男性もいるからです。

なので、そこはしっかり見極めていきましょう。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です