【人間関係】なぜそんなに警戒心してるの?相手の警戒心を解く方法

あなたの周りに警戒心の強い人はいませんか?

警戒心があまりにも強過ぎると、こちらもどう対応していいのか困ってしまいますね。

今回は警戒心の強い人の警戒心の解き方をご紹介します。

 

過去のトラウマを引きずっている

あなたの周りにいる警戒心の強い人は、なぜ何に対しても警戒心をもってしまうのでしょうか?

それはその人の過去が関係しているのかもしれません。

実は警戒心を強く持ってしまう人は、過去のトラウマからそうなってしまっていたり、育ってきた環境で警戒心を持たざる負えなかった場合があります。

もう同じ過ちはしたくない、という思いから何事に関しても警戒心が強くなってしまっているんですね。

 

そんな場合は、その人の立場に立って話すことを心がけましょう。

そして相手の気持ちに共感してあげましょう。

警戒心の強い人は、そもそも人のことを信頼していない場合が多いです。

沢山共感してあげることで、自分と似ているんだという印象を相手に抱かせましょう。

人は自分と似た人に対して好意を抱くため、この方法が相手の警戒心を解く鍵になります。

 

警戒心の強い人は過度な心配性

 

 

 

このタイプは異常に心配しすぎてしまって、それが警戒心となって表れる人です。

このタイプは何かするときもこうなったらどうしよう、などと考え結局行動に移れなかったり、人から話しかけられるとどうして話しかけられたんだろうと、深く考えてしまいます。

なので、先に不安要素ばかり考えてしまって警戒してしまうんです。

要はネガティブなんですね。

 

このタイプの人には、その人が不安に思っている要素を取り除いて接してあげましょう。

例えば、あなたに警戒心をもっているなら、それはあなたに対して信頼がないからです。

なので、その人はあなたにこれを話してもしまっても大丈夫かな、という思いをもっています。

なので、私はなんでも受け止めるよ、という姿勢を見せることが大切です。

 

しかし、だからと言って、こちらからむやみに聞くのではなく、相手が話してきたときにしっかり聞いてあげるという姿勢をみせることから始めてみましょう。

 

対処方法

警戒心をもってしまっている人の一番の対処法は、あなたの味方だよということをしっかり相手に伝える事です。

その人が困っていたら真っ先に手を貸してあげましょう。

その人が話したことは、しっかり聞いてあげましょう。

一番大切なのは、自分のことのようにあいてを大切に思って行動することです。

すると、相手もこの人なら信頼できると思って、心を開いてくれるようになります。

相手の警戒心を解きたいなら、まず最初に自分から相手の全てを受け入れてみましょう。

そうすることで徐々に、あなたに心を開いていきます。

まずは、こちらから相手を受け入れてみましょう。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です