【人間関係】声が小さいと悪い意味で逆に目立つ

小さい声で話している人の声は聞き取りづらいですよね。

特に騒音があるところで小さい声でしゃべられると、余計に聞き取りづらくなってしまいます。

声を意識的に小さくしていたとしても、もとからだったとしても小さい声というのは相手に不快感を与えてしまう可能性があります。

せっかくいいことを言っているのに、イライラされてしまうのは勿体ないですね。

 

声が小さくなってしまう心理とは?

声が小さくなってしまう人の心理は、一般的に自分に自信がないことが原因と言われます。

自信が無いので目立ちたくないという心理が働いているのです。

あまり目立ちたくないので、声を小さくして自分の存在を消しているわけなのですね。

 

しかし、もしかすると話している相手の声が小さいのは自信が無いからだけではないかもしれません。

その他の理由として、話している相手に心を開いていない可能性もあります。

もしくは、話している相手に恐怖を感じている可能性もあります。

いくら相手が恐い、苦手などの感情があって声を小さくしてしまうのは、逆に相手に嫌われてしまうことになりかねません。

それに大きな声を出した方が、聞く側もしっかり聞いてくれます。

それだけではなく、自分の声にコンプレックスがあって声を出したくないという気持ちを持っている人もいます。

 

声の大きさで印象が大きく変わる

あなたの周りの負のオーラを持った人はいませんか?

その理由の一つが、声が小さいことです。

声の大きさは、その人の印象を決める上でとても大切です。

よく考えてみると、元気がなさそうに見える人で声の大きい人はいないですよね。

人はたいてい声の小さい人と出会うと、この人は自分に自信がないんだなと思われてしまいます。

 

同じ内容が用意されていて、声の小さい人と大きい人、どちらの方が相手にしっかり聞いてもらえると思いますか?

もちろん、大きな声の方です。

同じことを言っているのに、評価が違ったり、もしかすると悪くとられてしまうときだってあります。

本当にもったいないです。

 

先ほど、自分に自信が無い人は声が小さくなってしまいがちと言いましたが、本人は目立ちたくないから小さな声になるという心理でそうなっていますよね。

しかし実際声が小さいと聞き取りにくく、話すときも相手をイライラさせるので、違う意味でその場から浮いてしまいます。

存在感を消したいがための小さい声が、小さすぎる声のせいで逆に悪目立ちし、悪い方で強く印象を与えてしまいます。

たとえるなら、音楽ライブで盛り上がってる観客の中で1人、本を読んでいるようなものなのです。

目立ちたくないのであれば、普通の声量が一番印象に残らないということを覚えておきましょう。

 

腹式呼吸をマスターすれば、声は大きくなる!

声を大きくする方法でお勧めなのは、腹式呼吸です。

声が小さい人は、あまり口を開けず、喉から声を絞り出しています。

いってしまえば、「喉式呼吸」なのです。

腹式呼吸とは、字の通りお腹から声を出すという意味です。

 

腹式呼吸の手順

 1、「ハッ、ハッ、ハッ」と犬の呼吸を真似します。このときお腹から息を出し、腹筋に力が入るよう意識しましょう。

2.慣れてきたら、同じように「あっ、いっ、うっ、えっ、おっ」と繰り返します。

3、ある程度お腹から声を出す感覚がつかめたら、5分程度本を音読してみましょう。

 

 

自分の声が小さいと自覚している方は、騙されたと思って是非試してみてください。

声が通りやすくなって驚くはずです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です