【心理学-ベンジャミンフランクリン効果】人に甘える方が、実は好かれる

少し距離がある人ともっと親密になりたい、特定の人から好かれるようになたい、こんな風に一度は思ったことが

あるのではないでしょうか。

そこで、今回はベジャミンフランクリン効果についてお話をします。

 

ペンジャミンフランクリン効果とは?

ベンジャミン・フランクリンは、自分が誰かに親切にしてもらうより、親切にされたほうが、その相手からは好かれると言っています。

人は誰でも、誰かに何かをしてあげると、してもらった相手は、何かお返しをしなければならないという心理が働きます。

これを「返報性の原理」と言いますが、何かをしてもらうと、お返ししなければ申し訳ないという気持ちになってしまうのです。

何かをもらったら返したり、優しくされたら優しさを返すなどです。

 

しかし、ベンジャミン・フランクリンはまったく逆の方法が効果的だと考えているのです。

何かをしてあげて、何かを返してもらうことで、相手を自分に引き付けるのではなく、何かをしてもらったほう

が、相手はもっと自分に何かをしてくれるというのです。

このことをベンジャミン・フランクリン効果といいます。

 

この効果はここから始まった

ペンジャミン・フランクリンというのは、物理学者であり政治家でした。

現在のアメリカ100ドル札に顔が描かれています。

どうしてこの名前がついたのかというと、かつて彼に反感を持っていたある議員がいました。

ベンジャミンは自分に反感を持っている相手に様々なことを働きかけ、なんと敵から味方にしてしまいました。

 

きっかけは、「本を貸してくれないか」という一言から始まりました。

反感を持っていると知っていながら、彼はあえてそのようなお願いをしたのです。

その本はとても希少価値のあるものでしたが、反感を持っていた議員は快く貸してくれたそうです。

 

それがきっかけとなり、二人の友人関係が始まったのです。

 

なぜ効果があるの?

このベンジャミン・フランクリン効果にはちゃんとした理由があります。

 

人は、自らの考えと行動が一致しなければならないと考えている生き物です。

自分だけでなく、周りの人に対してもです。

考えと行動が一致しない人を嫌う傾向にあります。

そのため、もし自分がそれが違ってしまったとき、ストレスを感じ、なんとか一致させようとするのです。

 

たとえば、仲良くしている人ならば、困っている時に助けたいと思い、それを行動に移すのは自然なことです。

しかし、それが仲が良いわけでもない人だと、「どうでもいいけど・・・まぁ助けるか」という行動になります。

「どうでもいい」と頭で考えているのに「助ける」行動に出る。

この時点で、考えと行動に違いが出ていますよね。

頭ではどうでもいい、でも体は助けています。

 

不思議なものでこのように違いが生じると、脳が自動的に一致させようとするのです。

行動は変えられないので変えられるのは考えだけです。

つまり、助けたという行動に合わせて、助けたいと脳が思い込むようになります。

 

助けた理由は、相手のことが好きだからだと潜在意識に刷り込むのです。

 

素直に甘えることが大切

返報性の原理を利用して、相手との距離を縮めることも一つの方法ではありますが、素直に甘えて何かをしてもら

うことで、相手が自分に行為を抱いてくれるほうが、なんとなくこちらも気分が良くなりませんか?

 

やりすぎてずうずうしく思われないように注意が必要ですが、お願いしてみたり、頼ってみたり、助けてもらうこ

とで、お互いの仲がさらに良くなることが期待できるのが、ベンジャミンフランクリン効果なのです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です