【心理学-ロミオとジュリエット効果】越えるべき壁があると、心の距離は近くなる

いけないと分かっていても、してしまう不倫。

芸能界や私たちの周りでも度々話題になっていますね。

これだけ謝罪会見がなされているのに、一体どうして不倫がなくならないのでしょうか。

 

そこには互いの欲だけではなく、ロミオとジュリエット効果が働いているのかもしれません。

今回は、恋愛で使えるテクニックもご紹介します。

 

ロミオとジュリエット効果とは?

恋愛において、障害があると、その障害を乗り越え、二人の目的を達成しようとする気持ちになります。

壁を乗り越えることに成功すると、2人の絆は以前より強くなり、より愛し合うことをいいます。

 

この心理効果をロミオとジュリエット効果と呼びます。

 

一つの作品が名前の由来

世界的に有名なシェイクスピアの作品で、ロミオとジュリエットというお話があります。

映画化もされているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

このロミオとジュリエット効果とは、このお話を元に名前が付けられた心理効果なので、簡単にあらすじをお話します。

 

-恋に落ちたロミオとジュリエットは、互いの家柄の差に苦しみます。

-良い家柄に生まれたジュリエットと、そうではないロミオの恋は許されない恋をしてしまったのです。

-結ばれない運命であることを知りながら、さらに愛し合っていくのですが、互いの間で、お互いを想ってこその誤解が生じ、最終的に二人は死んでしまうという悲劇です。

 

似た階級同士であれば、普通の恋愛で終わるでしょう。

最終的には死んでしまうお話ですが、そうまでさせたきっかけとして、2人の間には乗り越えるべき壁があったことは間違いありません。

 

本人は気が付かない心理効果?

不倫や駆け落ちなどの恋愛もまた、このような効果が働いているといえます。

人の心理に「してはいけないよ」、と禁止されると余計にしたくなってしまうのです。

 

二人で秘密を共有するわけですから、そこに目標が定められ、ダメと思えば思うほど相手を求めてしまいます。

簡単に言うと、なんらかの障害があるほうが、人はそれを達成しようとする意欲が高まると実証されています。

当然、恋愛している本人たちは、この効果が働いているから、余計に愛し合えるなんて、思っているわけではありません。

ですから、周りの意見は耳に入ってこないことが多く、第三者の人間から見れば若干、厄介な人たちになってしまうこともあります。

 

恋愛に使える心理効果

このロミオとジュリエット効果は、恋愛において活用することができます。

マンネリ化しているカップルや夫婦は、スポーツや旅行などに行き、二人で何かをすると効果が出る可能性が高くなります。

また、気になる異性とうまくいきそうでいかないような状況の時は、別の異性の存在をチラッと覗かせると良いかもしれません。

相手にとってはそれが障害となり、あなたを取り戻そうと必死になるでしょう。

 

やりすぎると逆に離れて行ってしまうことも考えられるので、程よくやるのがポイントです。

ロミオとジュリエット効果は、あくまでも、お互いの関係をより良く築いていくための心理効果として、覚えておいてくださいね。

 

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です