【心理学-ハードトゥゲット】あなたは特別だと伝えるだけで、話がうまく進む

人は特別扱いをされると、優越感に浸れたり、得をしたような気分になります。

「あなたは私にとって特別です」こんなことを好きでもない相手に言われたとしても、正直悪い気はしませんよね。

 

もし現在、人間関係で悩んでいるなら、ハードトゥゲットのテクニックを利用すれば、解消されるかもしれません。

 

ハードトゥゲットとは?

誰もが持っている5段階の欲求の中に、愛情・所属の欲求というものがあります。

誰かに認められたい、尊敬されたいという欲求です。

あなただけは特別と言われることで、言われた相手は欲求が満たされた気持ちになります。

この満たされた気持ちを上手に利用した心理テクニックのことを「ハードトゥゲット」といいます。

 

恋愛に発展させやすい

気になる異性に自分という存在を意識させたいときに、このハードトゥゲットは大きな効果を発揮します。

「あなたしかいない、あなたは私にとって特別」という雰囲気、言葉で話せば、よほど鈍感な人でない限り、相手が自分に特別な何かを感じていることを意識し始めます。

全くどうでもいいはずの存在だったのに、気が付けばあなたのことを考えるようになっていた。

この状態にさせることができれば、もうあなたの勝ちです。

 

一般的に「好きになったから、あなたのことを考える」

というふうに認識されていますが、実は少しだけ違います。

 

正解は、「あなたのことを考えるから、好きになる」

の方なのです。

 

まずは、恋愛対象「外」から恋愛対象「内」に加わる為に、ハードトゥゲットを利用して、あなたを意識させることが恋愛において、重要といえるでしょう。

 

ビジネスの世界でもよく使われている

インターネットでこれだけの買い物をしたら、「あなたはプラチナ会員やゴールド会員にアップします」や、空港の待合室は、ビジネスクラスやファーストクラス専用の待合室があります。

これらも「あなただから」という心理テクニックを使っています。

普通の人は使えないけれど、「あなただから特別にワンランクアップしたお部屋を用意しています」ということになります。

 

日常でも使える心理テクニック

このテクニックは、受ける側ではなく、仕事、またはプライベートでも有効的に使うことができます。

主に、人を説得したい時や、好意を持ってほしいときなどに使えます。

何かを勧めるとき、「あなただからこのサービスを特別にお話してるんですよ」と言えば、受け入れる確率は高くなるでしょう。

 

このテクニックを知っていれば、相手にうまく乗せられてしまうことを防げるし他、人と関わる上で、相手をできるだけ上手にこちらに向かせる、良いテクニックといえます。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です