【心理学-スティンザー効果】座る位置を意識するだけで、衝突は避けられる

好きなとこに座ってくださいという状況の時、どこに座ろうかなと悩んだことありませんか?

飲み会や会議、またちょっとした集まりなど、一度は経験があるかもしれませんね。

礼儀として上座、下座などもありますが、実は座る位置でも人の心理状況が影響されることが分かっています。

 

今回は座る位置に話をおいた、スティンザー効果についてお話します。

 

スティンザー効果とは?

何気なく座っている人、色々考えて座る席を選ぶ人がいますが、そこにはその席を選んだ人の真意が隠されていることがあります。

あなたの真正面に座った人は、あなたに対して反対意見を持っている可能性があるかもしれません。

またライバルのような存在になってしまう可能性もあります。

これには、人は対面すると衝突しやすくなる心理が働くという理由があげられます。

 

隣に座る人は、体の距離が近くなったり、触れることもあるため、親密性が高くなり、あなたの味方になったり援護してくれる可能性が高くなります。

近くに座って不快ではないと感じるのは、少なからずあなたに対し、ある程度の緊張が緩和されている状態だと考えられます。

 

斜めの方向に座っている人は、ほどよい距離でお互いの緊張もないため、衝突が避けられ親しくなりやすい傾向があります。

ちなみに右斜め前の人と一番親しくなりやすいと言われています。

座る位置によって、相手との関係が左右されたり、変わっていく心理を「スティンザー効果」と言います。

 

会社の飲み会で使える

座る位置によってどんな心理が生み出されるのかがわかったということは、それらを使ってより良い関係性を築くことができるようになります。

たとえば、いつも意見が衝突してしまう相手や、自分に対して攻撃的な人がいる場合は、その人の隣に座ることでそれらが減ってくる可能性が高いのです。

隣に座るということは、親密性が高くなるので、反対意見を言い出しにくい状況を作ることができるためです。

 

ライバルがいる場合にも、その人の斜め前に座ることで、関係性が穏やかになるかもしれません。

あなたは、自分に賛同してくれる人の正面に座り、賛同してくれる人を自分にとってのライバルの隣に意図的に座ってもらうことで、そのライバルの反対意見をも封じることができます。

 

恋愛でも効果あり

このスティンザー効果は、恋愛においても活用することができます。

気になる異性がいる場合、正面に座るよりも真横に座ったほうが、良い関係が築きやすくなります。

レストランや飲み屋では基本的に正面に座るのが通常になってしまうので、食事に行く前に、カフェのカウンターでコーヒーを飲んだり、公園のベンチに隣同士で座って話すなど、最初の段階で親しみを持ってもらうとその後の関係にも良い影響がでるはずです。

 

座る位置ですべてが決まるわけではありませんが、ほんの少しの可能性として、覚えておくと便利かもしれませんね。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です